« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月27日 (金)

歯と歯茎を守る新常識が出版されました。

昨年、悪銭苦闘の
ソフトバンクさんの「歯と歯茎を守る新常識」が
出版されました。
内容は、歯の治療から歯の磨き方まで
150点程度のカットと説明図
カバーイラストまで担当した力作です(汗)
イラストホームページはこちらで
http://www.asahi-net.or.jp/~xj9m-iwsk/

お時間がありましたら
書店で手に取っていただければ幸いです。

結論として歯磨きしてたまに歯垢をとって
自分の歯で食べた方が良いということでしょうか。
神経とったら歯はもろくなるようです。

といって本日歯の詰物がとれたので
ふたたびくっつけてきました。
本日は雪が降りました~

Hatohagukiiwasai01Hatohagukiiwasai02 Yukinohiiwasaki01 Yukinohiiwasaki02 Yukinohiiwasaki03 Yukinohiiwasaki04 Yukinohiiwasaki05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月25日 (水)

羽田の風

普通、磯の香りと
海に面した地域は清々しい雰囲気ですが
さすがに都会の交通機関の中心は
磯の香りとはほど遠いものです。
都会の最新鋭の交通機関と昔からの神社の
混在がなんとも不思議な雰囲気でした。
車の移動も良いですが
徒歩というのは今を肌で感じる手っ取り早い
ものなのでしょう。

Ouedohanedaiwasaki19   Ouedohanedaiwasaki08    Ouedohanedaiwasaki13Ouedohanedaiwasaki15Ouedohanedaiwasaki12Ouedohanedaiwasaki14Ouedohanedaiwasaki09_3Ouedohanedaiwasaki18Ouedohanedaiwasaki04Ouedohanedaiwasaki17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羽田空港まで徒歩で

産業道路駅から大師橋 〜 羽田神社 〜
穴守稲荷 〜 弁天橋(大鳥居)までの
道のりはなかなか快適でした。
川崎も浅草同様、下町の雰囲気があるようです。
といってもなんとなく嘘っぽいところもありますが?
お稲荷の狐はなんとなく
旧作のガメラ対ギャオスの目ににてますね。
羽田神社は飛行機にまつわる絵馬でなかなかオシャレですね。
大鳥居は海にむかっておりまさに地球という
大海原が大本堂?ということでしょうか Ouedohanedaiwasaki10 Ouedohanedaiwasaki03Ouedohanedaiwasaki05Ouedohanedaiwasaki11Ouedohanedaiwasaki06 Ouedohanedaiwasaki16Ouedohanedaiwasaki22Ouedohanedaiwasaki01 Ouedohanedaiwasaki02Ouedohanedaiwasaki20 Ouedohanedaiwasaki21

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月24日 (火)

大江戸探検隊-羽田

2月22日に京急大師線 産業道路駅より
羽田空港まで徒歩でということで(汗)
カメラがないとやってられません・・
日中には飛行機を撮影できると思っておりましたが
大師橋、羽田神社、弁天橋、爆音?とお肌に最悪の
羽田空港トンネルと巡るうちに
夕暮れに展望台到着で
三脚なしの金網へばりつき撮影で
なんとかしのぎました・・・?
やっぱり三脚は必要ですね(笑汗)Oedohanedaiwasaki09Oedohanedaiwasaki35_2 Oedohanedaiwasaki40 Oedohanedaiwasaki39 Oedohanedaiwasaki32 Oedohanedaiwasaki30 Oedohanedaiwasaki27 Oedohanedaiwasaki21 Oedohanedaiwasaki18 Oedohanedaiwasaki15 Oedohanedaiwasaki13 Oedohanedaiwasaki08 Oedohanedaiwasaki03 Oedohanedaiwasaki01 Oedohanedaiwasaki02 Oedohanedaiwasaki04 Oedohanedaiwasaki17 Oedohanedaiwasaki22 Oedohanedaiwasaki26 Oedohanedaiwasaki29 Oedohanedaiwasaki31 Oedohanedaiwasaki33 Oedohanedaiwasaki34 Oedohanedaiwasaki36 Oedohanedaiwasaki37 Oedohanedaiwasaki41 Oedohanedaiwasaki42

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月21日 (土)

世界らん展ちょっと不気味系

らんも様々で
白鳥のようにきれいどころの方もいれば
ユニークで多少ダークな
不気味系もいらっしゃいます。
アヒルのこでもないですが
存在感と個性で自己アピールも必要でしょう?
なんで生まれてきたのと言われる前に
そういう方のために生まれたのではないのは確かでしょうから
理解できないのも仕方ないでしょうか(汗笑)
なかなかこった迷彩色で、SFや怪奇な食虫植物にも
使えそうですか?自然の造形美は様々です。 Raniwasaki25Raniwasaki24Raniwasaki26Raniwasaki21 Raniwasaki20 Raniwasaki19 Raniwasaki17 Raniwasaki18 Raniwasaki22 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

華麗ならん展

豪華で色鮮やかな年配者に方も楽しめるらん展です。
母親にも見せたいとは思いますが
地方のなにもない場所なので
どうにもなりません。せめて写真だけでもとは思いますが。
様々に演出のらん展示ですが
ついマクロにこだわってすべてを確認には至りませんでしたが
バラの展示のあるということなので
華麗で鮮やかな花は人気があるようですね。Raniwasaki16 Raniwasaki06Raniwasaki07 Raniwasaki14 Raniwasaki13 Raniwasaki12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界らん展へ

そんなに余裕もありませんが
世界のらん展を一度みてみたくて
小雨の日に出かけてみました。こんな日は
かなり人出も少ないのではと思い立ちました。
平日は本日のみなので・・・
明日明後日の週末は相当混みそうですね。
三脚禁止のため高感度にさほどつよくないカメラばかりなので
画質的にはなんともですが
なんとか手持ちで撮ってきました。
様々のらんの演出と華麗さと鮮やかさと
食虫植物のような不気味系もあって楽しめました。
マクロの撮影にこだわってらんの演出展示を
すべて撮影することができませんでした。
私はプロだという女性から声をかけられましたが
ただ撮ってはダメ、逆光とか、露出とか
光や背景を考えて、わざとアンダーにするとか
私は5回きましたといろいろ教わりました。
やっぱり平日に行くと暇人と思われるのでしょうか(笑汗)Raniwasaki11 Raniwasaki10 Raniwasaki09 Raniwasaki08 Raniwasaki04_2 Raniwasaki05 Raniwasaki02 Raniwasaki01 Raniwasaki03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

墨絵の夕暮れ

本日の空は赤く染まった後の墨絵のような
滲んで空を染めていくようで
なかなか味わいがありました。

にわかに暗雲とはなんとも魅力的ですね。

東京ドームの世界のらん展も魅力的でしょうね。
入場料2000円ですけど
http://www.jgpweb.com/
三脚使用だとどうなんでしょうね???

なんとも慣れない漫画イラストレータータッチは
上下の順番レイヤーでなかなか進みません(汗)    Yugureiwaskai05 Yugureiwaskai08 Yugureiwaskai01  Yugureiwaskai07Yugureiwaskai09Yugureiwaskai10Yugureiwaskai03Yugureiwaskai06Yugureiwaskai02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

梅まつりとひな人形

天気のよい日は
梅の花が映えて見えます。
白い花も清楚で良いですが
梅らしいのはやっぱりピンクの紅梅でしょうか。
平安の時代がどのような生活と雰囲気だったかは
わかりませんが、梅は何とも情緒と
華やかな香り、繊細な色彩で
優雅な時間をすごさせてくれます。
例年どおり時代物のひな人形をみていると
ゆたかな物語を感じさせてくれます。
絞りはどの程度にしたものか・・・
ボケるのは良いですけど・・・

毎年見ているような気もしますが
なんどみても豪華なひな壇です。
先日の歌舞伎にも通じるものがあるでしょうか?
歌舞伎が人形をまねたのでしょうか?

修正仕事とタッチの模索のものがなければ
ゆっくり満喫できるのでしょうけど
こんなことでまた集中力が・・・
今月半ば過ぎまでなんとも・・・・・ 09210hinaiwasaki0209210hinaiwasaki0509210hinaiwasaki0609210imeiwasaki0309210imeiwasaki10
     09210imeiwasaki0509210imeiwasaki0609210hinaiwasaki0409210imeiwasaki02 09210imeiwasaki07 09210imeiwasaki08    09210imeiwasaki0109210imeiwasaki0909210imeiwasaki0409210hinaiwasaki01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

歌舞伎は

まったくさっぱりですが
それでも伝統的な仕草や色彩、様式美は
日本的で品があります。
何度も行ける立場でもないので
自分なりに楽しめればと思っています。
以前は庶民の娯楽なのでしょうから
あまり考えすぎても写真同様
楽しめませんね。

歌舞伎が男の世界なら対局は宝塚でしょうか?
イヤホンガイドはあった方が良いでしょうけど(笑)Kabikizaiwasaki23Kabikizaiwasaki09 岩崎   Kabikizaiwasaki18Kabikizaiwasaki02_2Kabikizaiwasaki24_2 Kabikizaiwasaki31

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歌舞伎座さよなら公演

歌舞伎も観劇もほとんど縁遠いですが
まったく行ったことがないというのも・・・・
今回、歌舞伎座建て替えという事で
行ってまいりました。手配は身内なので
なんとも段取りもよく珍道中となりました。
建物内は絵画や日本画、着物などの本物の展示もあり
休憩時間も楽しめるようになってるようです。
今後なかなか行くこともないでしょうから
記念のために撮ってみました。
そんなに時間もないので手早さが必要でしょうか?

夜の部の演目は
蘭平物狂、弁慶の勧進帳、玉三郎の悪の三人吉三巴白波
という事になっております。
蘭平の大立廻りの様式美と動きは迫力ありました。
弁慶の巧みな交渉と整然としたひな壇の演奏と色彩美
見破られてもなお相手を
感服させる迫力の演技も楽しめます。
玉三郎の悪人の色気も見物でしょうか。
弁慶の台詞がさっぱりなので眠気を誘いましたが?
なんとか乗り切りました(笑) Kabikizaiwasaki28 Kabikizaiwasaki20Kabikizaiwasaki32 Kabikizaiwasaki12 Kabikizaiwasaki10 Kabikizaiwasaki01 Kabikizaiwasaki03 Kabikizaiwasaki11    Kabikizaiwasaki19 Kabikizaiwasaki22 Kabikizaiwasaki15Kabikizaiwasaki16 Kabikizaiwasaki27Kabikizaiwasaki34 Kabikizaiwasaki29 Kabikizaiwasaki33 Kabikizaiwasaki05Kabikizaiwasaki30Kabikizaiwasaki17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

神社の節分

いつもの近所の節分の豆まきです。
修正とタッチ見本の試行錯誤の仕事のため
そんなに時間もありませんでしたが
今年の無病息災、厄払い、福を招かねばならないので
いってきました。
1時間前には場所取りしなけらばなりなせんが
時間もないのでギリギリでは大混雑で
とてもまともに撮れる状態ではありません〜
豆も数個はあたったでしょうか?
身内は袴姿の行列についていき
真ん前で豆のシャワーをあびたようです。
これでウンが引き寄せられることでしょう。

慌ただしい事がおさまった後の境内が
意外と魅力的だったりします。

なぜか鳩がいっぱいいました。 Jinjasetubuniwasaki10 Jinjasetubuniwasaki09 Jinjasetubuniwasaki06 Jinjasetubuniwasaki16Jinjasetubuniwasaki17Jinjasetubuniwasaki01 Jinjasetubuniwasaki02 Jinjasetubuniwasaki03 Jinjasetubuniwasaki04 Jinjasetubuniwasaki05  Jinjasetubuniwasaki22 Jinjasetubuniwasaki18 Jinjasetubuniwasaki11 Jinjasetubuniwasaki21 Jinjasetubuniwasaki13 Jinjasetubuniwasaki15 Jinjasetubuniwasaki07 Jinjasetubuniwasaki19 Jinjasetubuniwasaki20 Jinjasetubuniwasaki08Jinjasetubuniwasaki12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 3日 (火)

明日は節分

節分といえば成田山なのでしょうけど。
なかなかそこまでの余裕がございませんので
近所の神社でその前日の様子を見てみました。
そういえば昨年はかなり寒く
雪のもちらついたようですが
今年は温暖化のためか
ほとんど雪を見る機会がありませんでした。

厄よけと今年の福を招き寄せていただきたいと思います。Setubunzenjituiwasaki01 Setubunzenjituiwasaki02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

雨上がりは湖に

湖といっても
近所の公園の小さな水溜まりですが(笑汗)
これがなかなか普段とは違った風景になったりします。
雨上がりの日差しはなかなか
渋めでシュールですね。
といっても単なる浅い泥水なので
風で水面の表情が様々楽しめます。
といって調子にのってると風邪ひきそうです。

かなり素朴な場所なので撮ってるとかならず
その場のおばさまから声をかけられます?
「何撮ってるんですか?〜」
余裕もない状況ですがつい
怪しまれないためか?
雨上がりは木もれ日の日差しで
コケやカビが蘇って生き生きとしてほら近所の梅も輝いて
遠くに行かなくても四季を感じませんか?
雨上がりは水滴がついてきれいですよ、
こんなもの撮ってもしょうがないでしょうけど・・・
というと、そんことない趣味だから・・・ 良いんじゃない?
ということになっております?

Ameagariiwasaki04 Ameagariiwasaki01Ameagariiwasaki08 Ameagariiwasaki07 Ameagariiwasaki06 Ameagariiwasaki05 Ameagariiwasaki03 Ameagariiwasaki02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »