« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月24日 (月)

冬の寂れた風景の情景

つい帰省の情景を見ていると
600kisei_iwaskai2403
今は使われない引き込み線の錆も
600kiseiiwasaki1602
いつかフナを釣りに出かけた川も日差しの素朴さで
600kiseiiwasaki1874
なんとも哀愁と情緒に満ちあふれていました。
600kiseiiwasaki9046
住むことのなくなった家々が点在し
600kiseiiwasaki9286_
冬の寒さで人通りもなくモノトーンの世界が時間を止めます。
北風の北の部屋で寝てると
乾燥で風邪を引いてしまったようですが
なんとか説明イラスト仕事がんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

先日のオートサロン撮影会?

年に一度の オートサロンの友人との
自分ペース撮影会です。
早朝、7時33分の電車でしたが
今見るとやっぱり混雑してます・・・
600iwasaki7438
広角を持っていかなかったのでどうしても
人物撮りに・・・・
600iwaski6854
いつかの大混雑よりはましなようです。
600iwaski6857
照明の状態は、展示車両主体のため最悪ですので
やっぱりいかに ズームが進化したとしても
人物は、目にピントとなるとやっぱり
単焦点が安心感があるでしょうか。
600iwaski7746
なかなかユニークなメカとしての
車もありました。
600iwaski66663
やはり次回は 広角で
メカの質感をとったものやHDRも必要でしょう。
600iwasaki7170
素材としての研究も大切ですが
極力無駄なものは撮らないように
しないとHDがもちません。
600iwaski66942
クールな雰囲気がなかなか魅力です。
600iwaski67632
風邪なのかノドの調子がよくありません。
600iwaski70422
外出は寒気が・・・
今月中に説明カットを1/3くらいは
送付しないと・・・・
問題は新作カレンダー展作品ですが・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月19日 (水)

今年も半月過ぎました。

今年も沢山の方々に年賀状をいただきました。
ありがとうございます。
今年も半月が過ぎ
まだまだ寒い日が続きます。
皆様もご健康には気をつけてください。
寒中見舞いとして
ウサギの街を掲載させていただきました。
なんとか
集中力を保ちながら
今年もイラスト、写真表現で
乗り越えていこうと
思っております。
「e-spaceカレンダー展2011」
表参道にて
2月15~20日に
開催されます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

岩崎
600nengaiwaski




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月18日 (火)

都会の日差し

イトウケイジさんの初個展
お伺いしてその後、即帰宅の予定が
初詣をしていないことに
気づき、つい明治神宮に
いってしまいつい道草をして
原宿の撮影をしてしまいました。
冬の日差しは、爽快で
すんだ空気が印象的でした。
600harajyukuiwasaki0034
強い斜光が現代的。
600harajyukuiwasaki0075
工事中の建物に日差しが印象的。
600harajyukuiwasaki0115
ウェディングのショーウィンドーに映り込んで。
600harajyukuiwasaki0124
影の木がシュールです。
600harajyukuiwasaki0308
つい夕焼けを眺める時間に・・・
2月15日からのカレンダー展のハレパネ買って
早急に一部のカットを今度こそ集中しないと・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月15日 (土)

過ぎ行く世代

文化レベルの低い創作活動に
無頓着な田舎ですが
哀愁の鉄道と栄えた時代の痕跡は
あったようです。
600kiseiiwaskai2649
かつては蒸気機関車で
石灰と石炭を力強く運搬したものです。
600kiseiiwasaki2691
時代は
汽車から
600kiseiiwasaki2332
新幹線へ
600kiseiiwasaki3285
情緒と哀愁のテーマは
600kiseiiwasaki3327
世代と環境の想いでしょうか。
600kiseiiwasaki9907
過ぎた昭和は、かろうじて
母とともに踏みとどまっております。
またつい写真をいじってしまった・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月14日 (金)

カメラの亀裂修理と後ピン

10日以上、山口に帰省しておりました。
お土産は、カメラの亀裂です・・
落としたことはありません。
ブラシの毛でもついたのかなと
思いましたが
まぎれもなく亀裂がはいってます・・・
信じられませんが
キヤノンの剛性と強度を兼ね備えたと
いわれるボディーがあまりにもろいことに・・
雨や雪の中といっても東北ではありませんし・・
ラムダのバッックにカバーした状態ですし。
アルミ製の小型三脚と接触したからでしょうか?
中型アルミ三脚に撮影中に
あたったからでしょうか??
そこまでの衝撃の記憶がまったくありませんが・・
800hibiiwasaki2486
やっぱりボディの強度はNikonなのでしょうか・・
その上
手ぶれ補正以前の単焦点望遠レンズが
どうも画質が悪いので信用しておらず
ほとんど使用しなかったのを
ピントチェックしたら
後ピンでは????
800pinzure300mm
レンズはメーカーの信頼性を
疑ったことがありませんので信じられません・・・
時間ないのに
新宿サーピスセンターへ
対応は、普通ですが
どうしても落としたように
しか考えられないようで
1年の保証もきかず有料ということに・・
落とした記憶がないので
マウントのゆがみや他の部分のへこみは
まったくありません。
望遠レンズは,検査をするだけでも
9,000円の有料ということです。
ペンタックスさんは無料ですけど・・・
あまり対応が悪いと
あるプロの方は密封性のすぐれたオリンパスに
切り替えられたようです。
単焦点解放が使えないレンズは
F8まで絞り込まないと使えないということは
ズームにも劣るただのゴミです・・
ということで
修理したボディと持ちっこむとピントチェックは
無料になるようです。
次回いってどうなることやら??
修理代は、カメラ店の10回手数料無料の
ローンを活用した時に3年保険に入ってたようで
なんとか5,000円ですみそうです。飲み代2回分は
つき合えません。キャッシュバックも
意味がなくなったような・・
そんなことでまた1日が過ぎていきました・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

本日は穏やかに、錆びた鉄道の哀愁

錆びた鉄道の哀愁。

帰省して何日たっただろうか。
農作業で大忙しの春夏ではないので
DVD映画を見てると日にちの感覚が
なくなってしまう。
本日は、穏やかにウォーキングの後は、カット仕事を
できるだけ進めなければ・・・

昨日は、アニーよ銃をとれ。
モーツァルトのアマデウスをみて
廃線なりかけのさびのある線路を
撮りに出かける。
途中、老人がなくなって廃墟のような
商店街?に通りかかると前方に
鍵のかかって自転車を抱え込んで引きずってる
中学生が・・鍵をなくしてたいへんだというので
手伝って途中まで運ぶ。バレー部だったようで
私もそうだったといった.
当時は9人制だったけど(汗)
確か市役所の前に汽車が展示してあったことを
思い出したので警察署の前を通って
三脚かついで市役所へ、D51だと思ったがC58だった
保存状態がいいのでHDRにすると迫力あるかも。
その後、駅に向かって
今は列車の走ってない線路を見に行く。
踏切のそばにバス停留所が
あったのでカメラと三脚もってうろうろしてると
タイミングよくバス会社のおじさんが
「何撮ってるんかね」と声をかけてきたので
「哀愁の錆びた線路を撮ってますが
いつ復旧するのでしょうか」
「国体の10月までには間に合わせる
予定じゃなかろうか。
確か10月だったと思うが?」
と言われてもまったく私にはわかりません。
「都会だったらこんなに復旧が遅れると
大ヒンシュクですよ。哀愁の線路撮って良いですか?」
というと。すんなり
「いいよ。バスしかないけど」
と言われるので、
曇り空のメリハリのない時間帯だが
素朴で、哀愁の引き込み線のような
錆びた鉄のかたまりを撮りまくってみる。
人によっては、さりげなく許可が取れるものだ。
上役や管理職だとまず無理だろう。
結局、日が沈む6時過ぎまで心地よく
粘ってみる。
帰路は、途中の二件の親戚の家をお年玉もないので
かわしながら?帰宅。
自宅で家族とアマデウスのB面の
続きをみる。
春からは農作業が忙しくなるであろう実家だが
残りの人生このまま野菜で
自給自足して寝て暮らす
怠惰な生活というのもいかがなものか・・
素材写真イラストがもう少し作品の幅と
料金がよければ問題ないのだがなんとも・・

そろそろ家賃の心配があるので
カット仕事とカレンダー展の作品を
本格的に制作しないと
間に合わないような時期になったようだ。

600kiseiiwasaki26462

600kiseiiwaski2203_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)

写真撮ってたら通報された。

あけましておめでとうございます。
今年も皆様、どうぞよろしくお願い致します。

正月早々ですが・・・ご報告を
伊能忠敬ゆかりの寺と保育園を撮って
廃線寸前の美祢線の線路を撮ろうと
思ったら、前方にパトカーが・・・

どうやら保育園が不審者として通報したようだ。
しかたないので
パトカーを通過しようとしたが
二人の警官が呼び止めるので
どうしたのかというと
「子供撮ってただろう」というので
「子供なんて撮ってませんよ、風景撮ってますから」
とカメラのモニターを見せる。
「風景?覗き込んでただろう」というので
「伊能忠敬の測量隊が宿泊した寺のようですが
ご存知ですか?」と説明する。

後は線路と田舎の廃墟を公共の道路から撮ったので
なんの問題もない。
住所氏名を名のって
職業はというので、イラストレーターといった。
「絵描きか」とアホな返事をした。
「いつまでいるのか、これからどこに行くのか」
というので数日で東京に帰るし列車の走ってない
配線寸前の線路を撮りにいくといった。

よく考えたら税金で成り立ってる単なる公務員と気づく。
所詮、私がいうのもなんともだがアート?のかけらもない
文化水準の低レベルな地域なので話にならない。
「もう一度、保育園を見せてくれ、建物のこれだけ?」
「工場も撮っただろう」
「風景ならそこらの野山を撮れば良い」
というので、
「そんな電線とってどうするのか?」
「風景は建物も含まれる。いちいち風景撮るのに
許可がいるのか。」と言ってみる。
「一人でいくのも都合が悪いので
一緒に保育園に謝りにいってもらえます?」
といったが、いくはずもない。

80歳の親の様子見の帰省だが
「実家にこんなしょうもないことで電話するな。
それでなくても気がかりなことがあるのに」といった。
「今回は連絡しない。」と警官はいった。
「通報されたら、いくしかないでしょう」
というので「声をかけてもらってよかった。
これで写真好きとして記録に残っただろう」
と手で挨拶した。

都会でも田舎でも狭い範囲しか理解できない思い込みの
融通の利かない方々が多いようです。説明する気力が・・・

どうやら田舎の警察は、相当暇なようだ。

こんな小雪まじりの寒空の平日に自営業の写真散歩を
しているのも物好きともいえるが
そういうときにこそ撮れる被写体もあるものだ。

帰宅後、夕飯のとき母親に通報されたことを
報告すると、以前警察署に行った時、
机の上に足を上げた横柄な態度で
かなり暇なのだということだ。
消防車もなかなか使用することがなく維持が大変なようだ。
それは火事が少ないので良いことではあるのだが・・

以前、緊急で父が脳梗塞で倒れたときに、
救急車を呼ぶ時間がないほどの緊急状態で
自家用車で病院に行く時、道路をでた瞬間、
警官に呼び止められた。
自宅前は早朝の登校時は一方通行になるのだが
その付近の住民は、免除されてるにもかかわらず
たまたまいたパトロールの警官に呼び止められ
許可証がないので罰金の書類をかくので
しばらく待てなどといったようだ。
緊急に病院に行かなければならない状況で
まさに現状把握できない。まさに役人気質まるだしの訳の
わからない、臨機応変な対処ができないほど愚かである。
それなら白バイで病院まで先導でもするような状況である。
それ以来、実家では
警察の対応にかなりの不満と不信と腹立たしさがある。

本日も大雪のため、持ち帰ったDVD映画鑑賞で
映画好きの母は、たいそう喜んだ。「クレオパトラ」
「パリのアメリカ人」「誰がために鐘は鳴る」「雨に歌えば」
とデジタル以前の大作で田舎ではみれない。
雪の日は、映画デーである。
そんなに帰省できないので、
緊急の仕事依頼が具体的にならない以上
東京へは大混雑連休すぎの11日を予定しております。
本日も大雪のため、持ち帰ったDVD映画鑑賞で
映画好きの母は、たいそう喜んだ。「クレオパトラ」
「パリのアメリカ人」「誰がために鐘は鳴る」「雨に歌えば」
とデジタル以前の大作で田舎ではみれない。
雪の日は、映画デーである。
そんなに帰省できないので、
緊急の仕事依頼が具体的にならない以上
東京へは大混雑連休すぎの11日を予定しております。
カットの仕事はできるだけすすめております。

下関では、家族で大正ロマンを堪能。

600kiseiiwasaki1059

600kiseiiwasaki0502

600kiseiiwasaki0505

600kiseiiwasaki0388

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »