« 2013年9月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月26日 (火)

近所も紅葉

図書館に写真、デッサン書籍返却のため
ウォーキングをかねて
途中の公園へ通りかかると
800hutyukouyouiwasaki_pb250020_2
小雨の曇り空に紅葉してました。
800hutyukouyouiwasaki_pb250203
いつもの素朴な公園なのに
800hutyukouyouiwasaki_pb250262
紅葉があるとは思いませんでした
800hutyukouyouiwasaki_pb250274
当然ですが
ウォーキング用のOLYMPUS単焦点しか
持っていないので
800hutyukouyouiwasaki_pb250299
三脚なしでも風景資料用には
撮れます。
800hutyukouyouiwasaki_pb250315
やはり手ぶれ補正のカメラは出かける時は
忘れずにということでしょうか
800hutyukouyouiwasaki_pb250388
小雨の夕暮れに情緒があります
800hutyukouyouiwasaki_pb250451_23
狭い見慣れた公園もちょっとした
高原公園?にも見えてきます
800hutyukouyouiwasaki_pb250479
写真は真実だが事実ではない?
800hutyukouyouiwasaki_pb250483
逆だったかもしれませんが
事実は一つだが
800hutyukouyouiwasaki_pb250491
真実は人間の価値観の
数ほどあるといわれます。
800hutyukouyouiwasaki_pb250583
写真は事実を切り取りますが
すべてがそのようになってるわけではないので
見る方を勘違いさせることが
想像力、創作力なのでしょうか??
800nigaoiwasaki_3494_2
今後は人物顔色鉛筆作品と
どのように風景をからめていくかが
課題となっております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月24日 (日)

新宿御苑の輝き

人物画用のスケッチブックを
800sinjyukuiwasaki__igp2741
購入のため新宿へ・・
800sinjyukuiwasaki__igp2774
おそらく関東の紅葉も
800sinjyukuiwasaki_imgp4777
最後ではと思い新宿御苑へ
800sinjyukuiwasaki_imgp5011_2
イチョウの黄葉が
800sinjyukuiwasaki_imgp5193
輝いていました
800sinjyukuiwasaki_imgp5650_2
都心の中にあっても
800sinjyukuiwasaki_imgp5745
空気がすんでいる様に感じるのは
800sinjyukuiwasaki_imgp5193_22
大木の森林浴、植物の浄化装置の
800sinjyukuiwasaki_imgp5807
力ではと思います。冬のサクラ、ドラマの様な可憐さです
800sinjyukuiwasaki_imgp5832_2
人は都会の管理されている中だけでも
800sinjyukuiwasaki_imgp5871
生きていけると
800sinjyukuiwasaki_imgp5923_2
思っているようですが
800sinjyukuiwasaki_imgp6064
どう考えても
植物と共存できなければ
健康はあり得ないと思われる
800sinjyukuiwasaki_imgp6298
ただど田舎では
まさに草刈りとの戦い
800sinjyukuiwasaki_imgp5995_2
地方出身者はうんざりする状況ですが
800sinjyukuiwasaki_imgp6129_2
都心においてはまさにオアシスの様な
癒しの空間と思われる
800sinjyukuiwasaki_imgp6343
管理されているので
害虫や雑草はほとんど整備さているでしょうか
800sinjyukuiwasaki_imgp6435
田舎の野山はヤブ蚊だらけで
とてもベンチには座ってられないでしょう。
800sinjyukuiwasaki_imgp6521
たとえ宇宙ステーションが
人類の第二の故郷になったとしても
植物が生きていけない空間では
人類の生存はあり得ないのでは?
800sinjyukuiwasaki_imgp6643_25
原発の放射性物質を
浄化する植物がみつかれば
これに勝る物はないでしょうが
そんなに人類に都合の良い自然はあり得ないでしょう
植物の枝振りを見ていると
生物の毛細血管のようにも見え
迫力のアートの様にも思えてくる
たとえ人工の公園であっても
植物の力は、自然を感じさせて
居心地の良い貴重な空間を提供してくれる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月18日 (月)

昭和記念公園の紅葉

iMac27インチの1年半使用で
左面の暗くなる液晶バックライトの
故障で修理代5万円弱でサポートの対応
納得いかず、他の方も全く同様の現象書き込みあり
おそらくこのシリーズのもともとの欠陥と思われる
800syouwaiwasaki_4356
本日も公園ウォーキングへ
800syouwaiwasaki2984
14001歩になりましたが
800syouwaiwasaki3921_2
じっくり歩いているので
運動になってないのではと思えます
800syouwaiwasaki4127
東北、北海道、京都程の清々しい紅葉とは
いきませんが。切り取ってみると
800syowaiwasaki_2897
それなりの構成と演出がある公園なので
800syowaiwasaki_2905
見所はあります
800syowaiwasaki_2949
撮り方によっては高原や森林の
800syowaiwasaki_3082
自然の雰囲気になるようです
800syowaiwasaki_3168
それが写真で表現するということでしょうか。
800syowaiwasaki_3300
冬に向かっての陽射しはすんだ斜光で
800syowaiwasaki_3332
清々しさも感じて参ります
800syowaiwasaki_3436
イチョウの黄金色が目に鮮やかです
800syowaiwasaki3027_2
整備されたレイアウトなので
異国の雰囲気もあるでしょうか
800syowaiwasaki3057
閉園時間は5時だと思っています。
800syowaiwasaki3147
冬場は4時30分になってますが
その間際が夕暮れの魅力に
満ちあふれてくるので
せめて後30分は引き延ばしていただきたい
800syowaiwasaki3240
効果的な並木や林も存在するので
風景スケッチには良さそうです
色鉛筆だと制作時間が必要なので
その場で仕上げるのは難しいでしょう
そういうことではデジタル写真の
演出は後日に活用できそうです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 9日 (土)

富士山撮影会

11月5日に急遽天気の都合で
富士山、イラスト資料用写真撮影会を
強行致しました
800hujisaniwasaki_3312
ワープ中です
800hujisaniwasak_374
イラストレーター仲間の
オガワさんと川野さんお疲れさまでした
800hujisaniwasak_1666_2
予定としては
800hujisaniwasak_1672_2
午前中は山中湖 忍野 峠まで行く予定
800hujisaniwasak_1742
お昼は河口湖あたりでそのあと西湖
800hujisaniwasak_1758

精進湖 本栖湖

800hujisaniwasak_1779

午後は朝霧高原で時間と相談して

800hujisaniwasak_1820

夕焼けを何処で撮るか決めます。

800hujisaniwasak_1836

というものです・・
800hujisaniwasak_1901
ということで1カ所平均
800hujisaniwasak_1934
30分足らずという過激バスツアー並みの
800hujisaniwasak_1950
スケジュールになっております・・
800hujisaniwasak_1963
ということはうんちく言ってる
800hujisaniwasak_1979_2
暇はないということで
800hujisaniwasak_2005
見てくれはどうあれ一眼レフ2台に標準、
800hujisaniwasak_2071_23
望遠ズームレンズをたすきがけにして
800hujisaniwasak_2142
出会いと同時に切り取っていくという
800hujisaniwasak_2169_2
まさに5〜10分クロッキー教室写真撮影のようです・・
800hujisaniwasak_2250
晴れてはいましたが富士山そのものは
800hujisaniwasak_2281
霞んでおり、メリハリのある資料にはなりませんが
800hujisaniwasak_3566
意外と霞んだ表現が写真作品向けということです。
800hujisaniwasak_3590
日中のコントラストのきつい時間帯は
800hujisaniwasak_3622
できればさけた方がよろしいですが
800hujisaniwasak_3638
朝夕の情緒ある時間帯に限定にしている余裕は
当然ありません。
800hujisaniwasak_3643
確か富士山を確認するのは
800hujisaniwasak_3706
久しぶりのはずですがどうやら
帰省の新幹線から一瞬眺めていた様に思います
800hujisaniwasak_3726
アップでとらえると険しい火山岩と崖て
スニーカーでハイキング気分で気楽に登山できるもの
ではないことは一目瞭然です。
800hujisaniwasak_3743
あまりに美しすぎる富士山は
800hujisaniwasak_3756
確かに飽きます。季節や時間、周りの環境で
800hujisaniwasak_3786
変化を付けなければとても耐えられそうにありません?
800hujisaniwasak_3821
やはり有名な山なのでポイントがはっきりしており
800hujisaniwasak_3827
計画的に山梨側を車で一周致しましたので
800hujisaniwasak_19501
風景の確認はできました。
800hujisaniwasak_19642
でもやっぱり歩いてこそ出会える風景も当然あります。
800hujisaniwasaki_1624_2
写真のみで完結するには
自然相手の忍耐と予測とタイミングと肝心な気持ちが
大切でしょうか。
あらためて個性の表現、時間や季節、天候による
出会いや自らの感性が風景では重要なことだと
気づかされました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年12月 »