« 帰省の風景 | トップページ | 夏越しの祓い »

2014年5月17日 (土)

帰省の風景2014年5月

土地境界線の交渉問題で
帰省しました。
800kiseiiwasaki_p5040206
往復4万円の帰省費用は自営業には
800kiseiiwasaki_p5040202
こたえます。母のストレスを考えると
無駄にはできない時間となります。
800kiseiiwasaki_p5040156
風景はいつもの様に素朴です。
800kiseiiwasaki__dsc194024
ローカル線の情緒も楽しめる新緑の季節
800kiseiiwasaki_p5040622
12時から午後6時前後の到着。深夜の寝台列車の
800kiseiiwasaki_p5040706
時代から考えれば早くなったとはいえ
やはり遠方である事は確かです。
800kiseiiwasaki_mg_2332
かつては蒸気機関車で通学の道
早朝の汽車の哀愁がトンネルの黒ずんだ
痕跡で忍ばれます
800kiseiiwasaki_mg_2649
車両はワンマンの1両、一日の本数は
1時間に1本あるかないかのまさに廃線寸前の
哀愁の路線となっております
800kiseiiwasaki_p5130112
個人的にはそこが魅力と考えます。
800kiseiiwasaki_p510008324
個人的に気に入ってる廃屋の様な空き家のかつての
金物店ですが総二階の木枠の窓から
当時は賑わったであろう夏祭りの路地を
ご家族が団扇片手に眺めていたのではと
忍ばれます。店舗の陽射しよけも哀愁あります
800kiseiiwasaki_p510012822
この路地串焼きの提灯がまた哀愁があります
まだ営業してるようです
夕暮れに灯が灯るとまさに昭和です
モノトーンにすると当時そのままで時間が止まったようです
タバコ屋のタイルと木製のシャッターが
なかなかこった作りで当時の街角のタバコ屋という
雰囲気がまさに昭和レトロです
800kiseiiwasaki_p5100172
売り家もあります、近所の新築の建て売り住宅に
引っ越されたのでしょうか
800kiseiiwasaki_p510026223
今では珍しい高級素材の土壁の廃屋が渋いです
800kiseiiwasaki_saiwasaki05
昆虫もまだでてきていません
800kiseiiwasaki_imgp2503
母の畑にはエンドウ豆が花盛りです
800kiseiiwasaki_imgp25482
淡い色彩のツツジは穏やかな気持ちにさせれます
800kiseiiwasaki_imgp2641
水田になるとカエルが目覚めて
800kiseiiwasaki_p5090017
田んぼで一斉に大合唱を
800kiseiiwasaki_p5090080
始めます。まさに里山で
生物と人間の共存がバランス良く
共有している場所だと思います
800kiseiiwasaki_p5090282
ただ後継者不足で過疎化が進んでいるのは
現実で土地に固執して自らを見失っている
隣人もいることも事実です、
800kiseiiwasakiimgp28712
原野になるより自然を大切にして活用される方に
800kiseiiwasaki_imgp2814
ご提供できる事が理想とも思います
800kiseiiwasakiimgp28802
庭には母の育てた花が満開です

|

« 帰省の風景 | トップページ | 夏越しの祓い »

写真・帰省の風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011585/56229440

この記事へのトラックバック一覧です: 帰省の風景2014年5月:

« 帰省の風景 | トップページ | 夏越しの祓い »