« 2015年5月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月13日 (月)

寅さんイラスト展開催中!

柴又に行く前に兄の展示会の
800torasanteniwasak_dsc328022
上野の森美術館「日本の自然を描く展」に
800torasanteniwasak_dsc3837
立ち寄った。あいかわらず自画像ばかりを800torasanteniwasak_dsc3840
登場させているようだ・・
800torasanteniwasak_dsc3751
その後、柴又の似顔絵イベントを
800torasanteniwasak_dsc3588
撮影するため柴又
会場】…葛飾柴又寅さん記念館(休憩所)
          〒125-0052 東京都葛飾区柴又6-22-19
          TEL 03-3657-3455
           葛飾柴又寅さん記念館サイトへ

800torasanteniwasak_dsc367722
昭和の香りの場所です
800torasanteniwasak_dsc3473
帝釈天の歴史は江戸初期のようで
800torasanteniwasak_dsc3588_2
木の彫刻は
見応えがあります
800torasanteniwasak_dsc3617
男がはつらいよシリーズの映画公開時は
800torasanteniwasak_dsc3627
バスツアーもあったようですが
800torasanteniwasak_dsc34673
今は落ち着いた雰囲気で
800torasanteniwasak_dsc34683
以前の情緒が蘇ってきているのでしょうか
800torasanteniwasak_dsc340922
電車はやはり現代版になってますが
800torasanteniwasak_dsc385822
以前の車両で演出すれば昭和レトロの世界になるでしょう
800torasanteniwasak_dsc341522
映画が終了してかなりの年月ですが
800torasanteniwasak_dsc342322
いつまでも寅さんを懐かしむ商店街でしょうか
800torasanteniwasak_dsc342422
夏の陽射しで影のコントラストの商店街が
800torasanteniwasak_dsc343722
なんとも心の望郷の念にかられるでしょうか
800torasanteniwasak_dsc345422
商店街をぬけると帝釈天があります
800torasanteniwasaki_dsc357022
夏祭りには盆踊りもあるようです
1000torasaniwasaki_dsc4102
その先に寅さん記念館があります
800torasanteniwasak_dsc3500
寅さんイラスト展が開催されてます
800torasanteniwasak_dsc3505
展示は休憩所の壁面になってます
600torasaniwasaki_20150709_010843
作品は色鉛筆画をデーターにして
800torasaniwasaki_20150710_145634
Photoshopのブラシで表現してみました
色鉛筆との合体も工夫すれば可能ということです
800torasanteniwasak_dsc3553
いつものメンバーで記念撮影です
私が撮ったのでいませんが・・
1000torasaniwasaki_dsc4106
似顔絵イベントも開催されました
1000torasaniwasaki_dsc4363
いつもの似顔絵師の方々です
気軽に柴又まで足を伸ばしてみては
いかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 8日 (水)

高校美術担当・講師継続中

最近高校の美術講師を
紹介されました
800enpitugaiwasaki__dsc26522
秋葉原という地域性から
コミック中心の印象ですが
800enpitugaiwasaki__dsc26532
美術担当ということで
デッサン中心となっております
800enpitugaiwasaki__dsc26552
デッサンといっても
かたっくるしい受験用の
800koukouiwasak_dsc2866
石工や静物デッサンではなく
あくまで絵を楽しんで
800koukouiwasak_dsc26682
表現する充実感も必要と思われるので
800koukouiwasak_mg_9322
あらゆるものを描くことが
主旨となっております
800koukouiwasaki__mg_9408
石工デッサンもやれと言われれば
それも試みてもよろしいのですが
800koukouiwasaki__mg_94473
おそらく一部の生徒しか描けるとは
思えませんが・・
800koukouiwasaki_10
基本的に私の授業は
800koukouiwasaki_mg_9345
私自身も描いて教えるということに
なっております。
800koukouiwasaki_dsc_00262
ただ理屈言っても私自身には
何も進歩がないからです
800koukouiwasaki_mg_9448
自分も楽しんでためにならなければ
持続できないということです
800koukouiwasaki_mg_9525
近所には上野の博物館もあり
800koukouiwasaki_dsc_00272
ネコ科、ネズミ、鳥の剥製は
今ひとつ造形があやふやなので
800koukouiwasaki_dsc2765
なかなか参考にはなりそうもありませんが
800koukouiwasaki_mg_92872
鹿や牛などは骨格がしっかりしているので
できがいい様に思われます。
800koukouiwasaki_dsc2825
作品の構想や2〜30年前の
800koukouiwasaki_dsc2870
哀愁と情緒とシュールのリアル表現が
色鉛筆で蘇るきっかけになっております
800koukouiwasaki_dsc2871
自分で発言することに自分自身が気づくことも
多々あるわけです。
800koukouiwasaki_dsc28682
以前、エアーブラシ使用でイメージと技術力が
必要なシュールなリアル表現を試みていました。
SF的オカルトシュール表現
800koukouiwasaki_dsc03373
ネットもない時代ですので製作中は人に会えず
限られた数人の友人、
800koukouiwasaki_dsc03377
資料収集は神田古本屋か洋書バーゲンということになります
当然高額な洋書ではかなりの散財になったはずです
800koukouiwasaki_dsc033782
ということで写真がデジタルになって当時は、
庶民にはかなり高額な
CanonEDS10Dが唯一の選択肢だったわけです
800koukouiwasaki_dsc033812
今となっては型落ち数万円のデジカメの方が
性能はいいに決まってます。
800koukouiwasaki_img_7551
リアル表現は80%は資料のできで決まってしまうため
800koukouiwasaki_img_9636
ふと気づけば膨大なレンズとカメラに
なってしまったわけです・・
800koukouiwasaki_img_9641
今後は時間も限られることですし
まずは自分が楽しめる絵に取り組む事が大切です
800koukouiwasaki_img_9731
地元の美祢の化石館にもあった大鹿が上野
国立科学博物館 に展示してありました
800koukouiwasaki_mg_9325
当時かなり時間をかけて作成した資料写真ファイルですが
800koukouiwasaki_mg_9328
今となっては粗大ゴミにもなりかねないので
800koukouiwasaki_mg_9344
実用的な学校に保管しました。まだかなりありますが・・
800koukouiwasaki_mg_9332
自分の楽しめる絵の表現とは・・今後は時間もどんどん
限られてくるので自分の方向性が
必要ではないかと改めて気づかされたということです
800koukouiwasaki_mg_9561
高校授業で感じたことでもあります。
参考資料書籍も購入も限界ですが
800_img_2514
ついポーズ集を買ってしまいましたが
800_mg_9318
高校向きではなかったようです
800_mg_9405
ファンタジーイラスト集は復活の
兆しはあります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 6日 (月)

第4回クリエイターEXPO出展

東京ブッグサイトにて開催の
第4回クリエイターEXPO、2015年7月1〜3日の
三日間の仕事営業イベントに
2年ぶりに出展、参加致しました
1000expoiwasaki_dsc3038
前回は、仕事の都合で
貴重な最終日に冊子配布ができない状況に
なりましたが
800expoiwasaki_dsc3051
今回は今年の冊子も含めて
順調に配布できました。
800expoiwasaki_dsc3211
得意分野は明るい街並風景、色鉛筆、ペン画
リアルイラストを中心に致しました
ほとんど名刺交換もできない状態でしたが
なんとか仕事につながることを
期待しています。
1000iwasaki_20150615_143821
ご来展いただいたありがとうございます。
800expoiwasaki_dsc3201
友人、知人、クライアントの方々に
満足にお話できない状態でしたが
今後ともよろしくお願い致します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年8月 »