●HDR写真・イラスト作品

2011年5月24日 (火)

初夏の日差し

初夏の日差しが心地よい日々です。
600douroiwasaki4961
日常の何気ない繰り返しの時間が止まったようです
600douroiwasaki4931
西日の照り返しが透過光になってます
600douroiwasaki4952
いつもの交差点に強烈な日差しが
600douroiwasaki50213
長くのびた影が現代の人間交差点を表現してます
600soraiwasaki1897
色づく空がドラマチックです
600soraiwasaki18102
色彩は絵画調で良い雰囲気です
600takahataiwasakid705593
高幡不動尊の仏像も壮大です
600tamaiwasakid704238
禿鷲の様なツルが死神の鎌のようでした
山形の写真展参加と8月の
寅さんイラストレーション展に参加ですが
まったく接点がありません。今後梅雨となると
哀愁の水滴表現が可能ですが
問題は機材の防滴です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月13日 (金)

雨の高幡不動尊

先日の土砂降りで哀愁の動物園を
と思いましたが5月11日の水曜は
今月唯一の休園日とは・・・
600takahataiwasakid703885
このまま帰るわけにもいかず
途中の高幡不動尊に雨の
渋さと情緒を撮ってみました。
600takahataiwasakid703909
さすがに(重要文化財)室町時代の
600takahataiwasakid703957
仁王門はモノクロ表現では
600takahataiwasakid703972
かなりの迫力で時代劇には
ぴったりの存在感があります。
600takahataiwasakid704146
雨の雰囲気はひと味違った雰囲気です
600hutyuiwasakid703228
ペン画、着彩表現で演出すれば風格が
表現できるでしょうか。

600toraiwasaki
リアル表現は資料が勝負ですから
写真の演出、資料は不可欠ということです。
600basuiwasaki
カットイラストなども可能となっております。
600jisyoiwasaki001
先日の小学国語辞典(くもん出版)カットイラスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月12日 (木)

哀愁の西日の輝き

春の日差しの眩い午後の公園に
路面電車があります。
600tamagawaiwasakid703375
西日の輝く頃
600tamagawaiwasakid703408
黄金色に輝いていました。
600tamagawaiwasakid703447
素朴な丸みのある形状が
600tamagawaiwasakid703423
なんともノスタルジックで
600tamagawaiwasakid703480
昭和の世界に帰っていけるようです。
600tamagawaiwasakid703435
故郷も若き両親もその時代に
止まっているかのようです。
600tamagawaiwasakid703651
タイムトラベラーが現実なら
いつか見た町内の祭や
生き生きとした両親の姿も
みることができるでしょうか。
600tamagawaiwasakid703681
残念ながら青春を謳歌した記憶が
田舎のためほとんどありませんので
現在がもっとも充実してると
いうことでしょうか?
600tamagawaiwasakid703696
それにしては少し寂しいようにも
思えますので
今後の進展によっては
輝かしい未来?老後があるでしょうか。
西日の輝きが昭和の映画のように
想像力をかきたてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 3日 (火)

くらやみ祭は中止

いつもは、怒濤と罵声で
ごった返す大國魂神社のくらやみ祭ですが
やはり震災の影響で自粛されたようです。
600jinjyaiwasaki_0130
新緑の境内や
参道もいつもとかわりません。
600jinjyaiwasaki0001
例年では数台の大太鼓のド〜ンという
地響きのような躍動感は今年はありません。
600jinjyaiwasaki0022
山車も甲州街道を練り歩き、道路は
通行止めですがいつもとかわりません。
600jinjyaiwasaki0073
神事は非公開で行われるようです。
神輿も夕暮れには延々と練り歩きますが
今年はありません。
新築の随神門が輝いてます。
どうせなら古色仕上げで
周囲となじませていただけると
違和感もないのですが
当時の新築もこんな雰囲気だったのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 1日 (日)

ツツジは満開

神代植物公園に
久しぶりに出かけました。
600jindaiiwasak1458
ツツジが満開でした
600jindaiiwasak1775
日本の美は、花の中にもあります
600jindaoiiwasaki1251
鮮やかな色彩が華やかです
600jindaiiwasaki1586
バラフェスタ以外ほとんど
訪れませんが
年間パスポート券を
買っていたのを忘れていました。
600jindaoiiwasaki0283
多少満開すぎのつつじですが
遠目から見ればなんとか華やかです。
600jindaoiiwasaki0677
新緑になれば
素材用にも演出できるものもあるでしょう。
600jindaoiiwasaki0695
柔らかな演出で和みます
600jindaoiiwasaki0942
ツツジ色はいろいろですが紅白が日本的です
600jindaoiiwasaki1080
武蔵野の深い森を感じることもできます。
縄文杉やアマゾンにはおよびませんが
まるで未知との生物との遭遇も演出できそうです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月25日 (月)

都会と公園のイメージ

都会や公園には様々な
イメージやドラマや気付きがあります。
600roppongiiwaskai181
写真で絵を描くことが
600roppongiiwaski017
頭だけで考えるより効果的のようです。
雑然とした風景にも主役があるのかもしれません。
600roppongiiwaski047
自然の風景と違った人工物は金属の光沢は
おしゃれで無骨で魅力的です。
600roppongiiwaski0166
何気ないショーウィンドーも物語性があるようです
600roppongiiwaski0226
都会には様々な顔があるようです。
600sinjyukuiwaski5819
桜の時期、公園には芽吹くものと枯れていくものが
交差しているようにも思えます。
600syouwaiwasaki6835
いつもの大木も季節によってはシュールに
まるで歩き出しそです。支える根もさぞかし
巨大でしょうか。
600syouwaiwasaki6949
和紙のような霜よけハウスが西日に輝き
600syuwaiwaski6940
まるで雪景色のような透明感がありました。
書籍、小説の物語をイメージさせる
シュールと哀愁をテーマとしています。
今後コラージュ表現でイラスト化を
表現していきます。
書籍、出版のイメージに合うのもがありましたら
ご連絡いただければ幸いです。
岩崎
xj9m-iwsk@asahi-net.or.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月24日 (日)

都会の哀愁の風景

春とはいっても肌寒い日もあるので
木々が芽吹き前だと
都会の並木も良い雰囲気です。
600domiwasaki0783
照明で照らし出されると存在感がまします。
600domiwasaki0786
金属の光沢も趣があります。
600domiwasaki0798
夜の都会は遊園地でしたが震災以後は
節電で以前と同じというわけにはいきません。
600domuiwasaki0672
小雨の日の路面の光沢は魅力的です。
600ginzaiwasaki0102
車道が開放されるとまるで廃墟のようです。
600ginzaiwasaki0152
高感度ノイズをぼかして演出してみました。
600ginzaiwasaki0210
近未来の雰囲気の駐車
600roppngiiwasaki0169
都会には都会の雰囲気ある光があるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月15日 (金)

桜の満開は一瞬でした

昨年の満開は、長く楽しめましたが
今年は、一気に満開で一気に散っていきました。
600sakuraiwasakai7989
お仕事の都合でなかなか撮れませんでしたが
近所から昭和記念公園まで
600sakuraiwaskai6465
華やかな季節と思います。
600syouwaiwasaki8650
日本人はやはり桜の季節は必要ですね。
600syouwaiwasaki9384
震災でラアイトアップなどの自粛ムードが
ありますが、日本を活性化するのは
現地の特産物を活用した方が復興を
早めると思います。
今後電気使用や新たなエコの電力を
太陽や風で得られれば理想です。
この夏はエアコンは使用禁止でしょう。
毎年、数回前後でほとんど窓からの
風でほとんど大丈夫です。
今回の事故で空気や水の大切さを
痛感した震災でした。繰り返さない、
忘れないことが重要でしょう。
桜前線は一気に走り抜けてしまいました。
公園内はチューリップが色鮮やかに
600syouwaiwasaki9160
痛んだものこれから咲くものと様々のようです。
600syouwaiwasaki8404
平行してやらなければならない
不動産のお仕事に集中させていただきます。
今月も既に中旬ということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 9日 (土)

華やかな桜の季節

こういう震災の時期だからこそ
桜の華やかさは必要な気もします。
600hutyuiwasaki2718
素朴なな日常の夕日がドラマチックです。
600hutyuiwasaki2775
満開直前の桜並木はまだ寂しげです。
600hutyuiwasaki3252
素朴なベンチのある小さな広場も桜が。
600hutyuiwasaki6573
強風の曇り空に日差しが、印象的な夕焼けです。
600koueniwasaki3018
公園内の彫刻がシュールな雰囲気です。
600sakuraiwasaki3903
千鳥が淵の輝く様な満開は華やかです。
600sakuraiwaskai3588
いつもの覆い尽くす様な桜は見事です。
600sakuraiwaskai3627
桜は豪華絢爛です。
600sidareiwasaki1858
近所の神社のしだれ桜は可憐です。
600ssinjyukuiwasaki5932
強風と砂塵でおだやかとは言えませんが満開です。
600ssinjyukuiwasaki6172
鉛筆画の様な繊細な表現が良い雰囲気です。
600ssinjyukuiwasaki6228
こんな日でも記念撮影は女性主導です。
600ssinjyukuiwasaki6237
新宿御苑はどことなく品が良い桜です。
600ssinjyukuiwasaki6773
近所の公園の桜は、街灯でライトアップです。
シュールと哀愁、情緒ですが
怪奇小説とも言えるでしょうか。
まさにこの時期は桜色一色です。
日本も早く華やかな復興に
なっていただきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 4日 (月)

シュールと哀愁の写真集

先日.イラスト仲間の方から
1920〜60年代のモノクロ写真集を
いただきました。
Die Deutschen」1957~1964のベルリン、
Josef Sudekの雨の日に窓の中から
撮った写真
.確かに渋いです。
1930年代の暗いニューヨークや
ロンドンの写真集。
欧米語がさっぱりな私は
写真からの情報とイメージは

まさに哀愁のモノトーンの世界、
退廃と虚脱感が息苦しく情緒的です。
以前は、イエナや嶋田洋書で
20年以上前高額な洋書のバーゲンでよく
購入致しておりました。
当時のアナログの作品も渋めです。
600anaroguiwasaki01
最近、デジタル写真で表現することで
当時の気持が蘇ります。
600craiwasaki2435
素材が欧米のものなら哀愁と時代を表現できます。
600craiwasaki2491
モノトーンは想像力をかき立てられます。
600iwasaki1937
原発の事故から数日後におぼろげな太陽に。
600mojiiwasaki0115
モノトーンの淡い色彩が歴史を感じさせます。
600kyodoiwask1375
昭和初期の日本の建物も
当時は最新鋭だったのでしょう。
600kyodoiwaski0837
昭和の小学校もなかなかおしゃれです。
600okamiiwasaki01
大雪の誰もいない動物園は
オオカミの野生が蘇ります。
600okamiiwasaki02
いつもの動物園なのに気品さえも感じられます。
600okamiiwasaki03
ユキヒョウの視線が獲物を射るようです。
大雪に傘さして撮ってると、「お疲れさま。」
と、警備員の方が声をかけてきました。
専属カメラマンと思われたのでしょうか?
ただの物好きとはさすがに言えません。
かなり怪しいので・・・

当時の写真は、その当時の時代の情景を
そのまま撮っていたようにも思えます。
その後のうんちくは商売上の後付けの言葉のように
聞こえてきます。
懐かしさと望郷が癒されます。
HDRでの表現も効果的です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)